青汁が苦手な人へ 青汁を飲みやすくする方法

健康のために青汁を飲みたい、でもまずくて飲めない、という方は多いのではないでしょうか。青汁を飲むことはいいことですが、やはり続けなくては意味がありません。続けるには、無理をせずに飲めることです。

そういうわけで、青汁を少しでも飲みやすくする方法を調べてきました。

何がダメかを考える

青汁が飲めない人は「苦味」か「青臭さ」のどちらかがダメなのだと思います。自分がどちらがダメなのか、それともどちらもダメなのかを知ることで、対策することができます。

苦味がダメな人は、甘みをプラスしてみてください。これは青汁に限らずコーヒーやお茶にも言えることですが、甘みを足すことで苦みはある程度抑えられます。ダイエット中の人は、はちみつやメープルシロップ、黒蜜、オリゴ糖などを入れることでカロリーを抑えることができます。

青臭さがダメな人は、柑橘系の果物のしぼり汁を足すことで和らげることができます。

何も考えず牛乳を入れる

青汁が苦手な人で、牛乳を入れる人も多いでしょう。青臭さや苦みが抑えられ、まろやかになり、抹茶ミルクのような味になるといいます。

実はそれだけではなく、青汁自身に含まれるカルシウムがより吸収されやすくなるという効果もあります。しかも、栄養素が多い牛乳に野菜の栄養素も加わり、さらに栄養満点になるという、とても相性のいい組み合わせです。

クセにはクセを、豆乳を加える

豆乳も青汁もクセのある飲み物ですが、この二つを混ぜるとクセを消しあってまろやかになります。豆乳の原料である大豆のたんぱく質は、低カロリーのうえに消化吸収に時間がかかるため、満腹感が続き摂取するカロリーを抑えることができます。

豆乳だけでは飲みにくい人はきなこや砂糖を入れると、飲みやすくなるのだそうです。

野菜+野菜 野菜ジュースを入れる

青汁に野菜ジュースを入れると、苦みや臭みを緩和できるだけではなく、青汁には含まれていない野菜の栄養も取ることができます。ニンジンの酵素にはビタミンCを破壊するものがあり、青汁と混ぜないほうが良いといわれることもありますが、逆に全く問題ないという話やニンジンを熱したら大丈夫という話もあります。気になる方はニンジンは入れないほうが無難かもしれません。

飲みやすさは続ける秘訣

続けられる青汁の飲み方は見つかったでしょうか。皆さんにあった飲み方をぜひ探してみてください。でも、飲みやすいからと砂糖を大量に入れると逆効果ですから、お気をつけてくださいね。

青汁ダイエットは本当に効果があるのか 青汁の特性から考えてみる

青汁ダイエットという言葉を聞いたことはあるでしょうか。本来健康食品である青汁を飲んで痩せよう、という趣旨のダイエットですが、本当に効果があるのか考えてみましょう。

健康食品としての青汁の効果

今更ですが、ビタミンや、カルシウムといったミネラルをバランスよく、豊富に含んだ食品です。それだけではなく、食物繊維も多量に含んでいて腸の調子を整えたり、明日葉に含まれるクマリンの効果によってむくみを解消したりといった効果も期待できます。

そのほか美容や老化防止、目の疲労、睡眠改善などにも効果のある食品です。

青汁ダイエットの具体例

青汁ダイエットで検索した時に目にするのが、「飲むだけで痩せる」のような言葉ではないでしょうか。具体的には、食事の前に青汁を飲むことで痩せられるもののようです。

青汁ダイエットで痩せられるか

結論から話すと、それなりに効果はあると考えられます。

理由の一つ目は、青汁原材料が食事制限の手助けになることです。食事前に青汁を飲むことで、食事の量を減らせるのはもちろん、不足しがちな栄養もしっかりと取ることができ、健康的に過ごすことができます。また、栄養をしっかり取ることがのちの理由につながります。

二つ目は、青汁に食物繊維が含まれていることです。食物繊維を食事のはじめに取ることで、血糖値の上昇を抑えることができます。もしも血糖値が上昇すると、インシュリンが分泌され、インシュリンの効果で脂肪の燃焼が抑制されて、体脂肪が増えてしまいます。

三つ目に脂肪を燃やすためには、ビタミンやミネラルが必要だからです。ビタミンやミネラルが不足すると、脂肪が燃焼せずに逆に太ってしまう可能性も出てきますが、青汁にはこれらの成分がちゃんと含まれています。

副次的ですが、むくみがなくなり、お通じもよくなることで身体を細く見せる効果も青汁にはあります。

要するに青汁を飲むことで、食事制限で不足しがちな栄養を補給しつつ、インシュリンの分泌を抑え、脂肪を燃やすのに必要なビタミンミネラル分をとることできるというわけです。しかしあくまでダイエットをサポートする意味合いしかなく、青汁さえ飲んでいればどれだけ食べてもいいというわけではないことは、頭に入れておいてください。

青汁はダイエット食品というよりも、ダイエットサポート食品

青汁を飲んだ分食事量が減って痩せる、お通じがよくなった分体重が減るくらいの効果はあるかもしれませんが、青汁は飲むだけで痩せる食品ではありません。しかし、本気でダイエットをしようと思ったとき、青汁の歴史はあなたの助けになってくれることでしょう。